×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


▲5605F(2012.03.01 大船〜富士見町)
2009年、5000系3次車として3連1本(5605-5205-5606)が新製された。同年8月21日までに搬入、運用開始は10月13日。

5503Fの運用離脱に伴う慢性的な車輌不足から、編成数補充の形で入線。帯色は新造車全編成を違える方針に沿って黄緑色とされ、「湘南グリーンライン」の愛称が与えられた。

基本的な仕様は5500型に準じているが、冒進事故の調査結果を踏まえてVVVFインバータ装置に改良が施されているほか、JR福知山線脱線を受けた法令改正に対応し、新たに運転状況記録装置が搭載された。貫通扉周辺の造作も多少変更されており、先頭車の車番は新たに5600番代に繰り上げられた。貫通扉自体も5500型の青色に対し、帯色に合わせた緑色となっている。中間車は変わらず5200番代だが、形式標記は「5200」ではなく「5200A」とされている。

なお、前面扉内のヘッドマーク支持用金具は、5503Fと異なり営業開始後もしばらく付けられていなかったが、2009年12月までには他車同様に設置された。

編成

大船 湘南江の島
5605F 5605 5205 5606

各種データ

製造所 三菱重工
制御方式 VVVFインバータ制御(IGBT)
車体 アルミ製
自重 5600形17.1t、5200A形16.3t
定員 5500形70人、5200A形82人
製造初年 平成21年
在籍数 1編成

備考的写真 クリックで拡大

 ディテール
2009.09.20 2009.11.22 2009.11.22
 過去の姿
2009.08.24 2009.09.20 2009.10.15 2009.11.22 2010.01.01 2011.09.19

 ▲もどる