×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


▲4代目「S.K.I.P号」ラッピングの1101F (2012.06.24 七里ヶ浜〜稲村ヶ崎)
1981年、1000系列の2次車として1編成(1101F)が製造された。

多くの事業者で冷房化の機運が高まる中、1000形では冷房化を見送った江ノ電も車内冷房採用の方針に転換し、まずは本車を冷房準備車として新製した。他事業者での冷房準備車と同様、あらかじめ天井に風洞を設けてあり、屋上のクーラー設置部は蓋で覆われる格好であった。1982年に冷房化され、晴れて江ノ電初の冷房車となっている。

なお車内には1000形同様扇風機が設置されたが、冷房準備車のため冷房化時に天井の見付が変化しておらず、現在では江ノ電唯一の扇風機装備車となっている(1200形以降は横流ファンが採用されたため、扇風機は設置されていない)。

車号は1100代となったが、冷房準備以外の変更点は補助電源を1000形のMG(TDK3510-A)からSIV(RG403-A-M)とし、コンプレッサーを変更(DH-25D→HB1200S)、台車のブレーキテコが改良された(外観上は差異なし)程度(その後、補助電源とコンプレッサーは統一)。駆動方式も吊掛式のままである。車体も1000形と基本的に共通だが、ライト部の切り込みの隅に丸みが付けられ、乗務員扉の車端寄り手スリが一体型となった。また密自連時代の前面裾欠き取りは1000形より若干深い(後の2点は1200形以降にも継承された)。車内では、荷棚の前面に水平方向の掴み棒が設置されている(以後の車輌もこれを踏襲)。

登場後の変化は以下のようなもので、概ね1000形に準ずる。

1982年
・冷房化(扇風機は存置)

1980年代後半
1985年ごろ? 電連を廃止、1500形同様の上吊り式密自連+ジャンパー栓装備に変更
・1989年、列車無線アンテナ取付
1990年代
・方向幕交換(緑地白文字→黒地白文字)
・1993年ごろ、連結器の密連+電連化・前面裾の切り欠きの埋め込み
・側面車番の移設(扉間連接部寄り→乗務員扉直後)
2000年〜
・2000年ごろ? 冷房電源装置をカマボコ型に交換
・円筒形の避雷器を取付
・2004〜2005年ごろ? シートのモケットを赤色から緑色+濃緑のストライプに変更
・2005年2月〜12月、大河ドラマ「義経」とタイアップし「義経号」として運行
・2005年12月下旬ごろ? 1002F・1501Fに続いて20形塗色化
・2006年、1000形に準じた更新工事。主な変化は以下の通り
 ・ベンチレーターの撤去
 ・1151車端部に車椅子スペース設置
 ・引き込み防止のため、客扉窓を金属支持に変更(1500形とは異なり、銀色の枠が露出するものを初めて採用。のち
 他編成にも波及)
 ・1000系列で初めてN500形塗色化
・2008年7月〜8月、集英社の「週刊少年ジャンプ40周年記念 鎌倉大作戦 JUMP EXPO '08」に関連してラッピングカー「パイレーツ号」として運行(通常の広告車と異なり、カーテンにも絵柄が入れられる)
・2009年4月、1501Fに代わる3代目「S・K・I・P号」として運行開始
・2010年 優先席を紫色モケット+オレンジ吊革に変更
・2011年6月下旬 クーラーをステンレスキセのCU77CEに交換
・2012年4月 春の全国交通安全運動に関連し、乗務員室床下に注意喚起メロディ放送用のスピーカーを試験設置
・2012年4月 ラッピングを更新し4代目「S・K・I・P号(嵐電との姉妹提携時に制定されたイメージキャラクターを用いた
『スキップえのんくん号』)」として運行開始。車内シートモケットもキャラクターイラスト入りに張り替えられる

これ以外に細かな変更点として1000形同様、座席の袖仕切部に垂直方向の掴み棒が追設されたが、1000形では袖仕切が逆台形→台形に改修されたのに対し、1100形では逆台形のまま掴み棒を継ぎ足した格好となっている。

編成

藤沢 鎌倉
1101F 1101 1151

各種データ(特記なき限り編成全体の数値)

製造所 東急車輛
制御方式 抵抗制御
駆動方式 吊掛式
主電動機 50kw×4
歯車比 5.27
ブレーキ方式 電気指令式(HRD-1)
車体構造 全鋼製(普通鋼)
最大寸法
(長×幅×高)
25,400×2,450×3,900mm(冷改後)
自重 39.3t(冷改後)
※冷改後19.8t(1100)/19.5t(1150)
定員(座席) 150人(69人)
※車椅子スペース設置前160人(72人)
製造年 昭和56年
在籍数 1編成

備考的写真 クリックで拡大

 ディテール
2006.01.03 2010.06.27 2012.03.10 2012.04.07 2012.04.07 2012.06.24
 いままで
1999.08.13 2000 2004.04.06 2004.06.27 2005.06.26 2006.01.03 2007.01.14
2008.08.23 2009.07.25 2009.08.08 2010.02.08 2010.06.27 2011.07.31

Nゲージ模型製品
MODEMO(ハセガワ←長谷川製作所)
江ノ島電鉄 1100形 義経号(2005年)  プラ製完成品10,290円
1100形を名乗るN製品では最初の存在。1200形の場合と同様、発売当時実車はまだ運行中で、実にタイムリーな製品化であった。ラッピングの精緻さが身上の製品でもあり、成型品自体は1000形の流用だが、床下は先行の1200形と共通のSIV仕様で差異を表現している。M車のみ。
江ノ島電鉄 1100形 “S・K・I・P号III”(2010年)  プラ製完成品10,710円
車輌そのものとしては地味な存在の1100形だけに、2例目の製品化もやはりラッピングカーであった。こちらも運行中の仕様がプロトタイプであり、精密な絵柄の印刷に加え、雨樋部に露出した地色の緑もきっちり再現してある。形態的には「義経号」と同様で、現状に合わせた作り分けは特になされていない。

 ▲もどる