×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


▲クーラーをCU77CEに換装した305F(2011.09.19 七里ヶ浜〜稲村ヶ崎)
1960年、東横車輛碑文谷工場で製作された。それまでの連接車は2車体とも同番号であったが、同年の運輸省通達により区分をすることとなり、当編成では初めて鎌倉方が+50として付番された(305+355)。

改造とはいうものの車体も台車も新造されており、流用部品は台枠のみ。これも江ノ電由来ではなく、京王帝都電鉄デハ2000形木造車(旧玉南電鉄1形)のものを使用した。車籍上は同車からの改造とされている。流用に際し、車幅を拡大したため車体が台枠より張り出しており、裾が高いプロポーションをしている(304Fも同様)。

車体は304Fに準じたフォルムながらノーシル・ノーヘッダーで、側窓はバス窓(上段Hゴム固定・下段上昇式)、窓寸法も大きく軽快な印象となった。304F同様、雨樋・縦樋は当初なく、当車に関しては扉上の水切りもなかった。ベンチレーターは非冷房時代はグロベン×3個。

当初ジャンパー栓・エアーホースを前面腰板に装備しており(両前面ともジャンパ栓が左、エアーホースが右で304Fと逆)、このためテールライト取付位置が高かった。この連結用装備も304Fのそれと同様、結局使われることはなかったと思われる。

台車は東急車輛で新製(TS-418・419)された。コイルバネを特殊なゴムで巻いた「エリゴバネ」を枕バネに使用し、形態も特異なものであった。

後年の改造は以下のようなもの。

1960年代
・方向板の横引き化
・1964年、ポールのZパンタ化(305のみ搭載・355は台座のみ存置)
・1960年代末、雨樋・縦樋設置(同時期に扉上の水切りも設置。1964年頃の記録では305にのみ付けられているのが確認できるが、縦樋が2本で後のものとは異なる)
1970年代
・重連対応のため密自連化(上吊り式)・ジャンパー栓整備(旧来のジャンパー栓受はパンタ化完了の頃まで残存)
・1971〜73年頃、Zパンタの菱形パンタグラフ化(355→305の順)
1980年代
・1980年、前照灯2灯化
・同時期、ドア交換(Hゴム支持窓)
・同時期、車外スピーカー設置
・1987年、客扉窓を金属支持化
・1989年、列車無線アンテナ設置
1990年代
・1990年更新:主な変更点は以下の通り
 ・旧型車で最初の新性能化:台車は1500形をベースとしたTS-837(端台車)・TS-838(連接台車)
 ・同じく旧型車初の冷房化
 ・内装更新
 ・客扉上の水切り撤去(乗務員扉上は存置)
 ・前面窓アルミサッシ化(?)
・1994年ごろ、連結器を密連+電連化
・1998年、機器更新による新型車との併結対応化(これも旧型車初)
2000年〜
・2001年ごろ、円筒形の避雷器を取付
・2003年、方向板大型化(502F最末期のものと同型)
・2010年 優先席を紫色モケット+オレンジ吊革に変更
・2011年7月上旬 クーラーをステンレスキセのCU77CEに交換

なおHゴムは当初すべて灰色だったが、1970年代中盤ごろまでにすべて黒色に交換されたらしい。一斉に交換されたわけではないようで、順序ははっきりしない。

1990年代まではたびたび広告塗装車になったが、そのほかの特別塗色としては1995年から翌年にかけ、昭和20年代の標準色を模した青+クリームの「青電」塗色で運用されたことがある。「青電」塗色は1980年代にも800形が映画撮影用に纏ったが、色調は305Fの方が淡い。

内装更新は行なわれたものの床板は未だに板張りのままであり、同じく板張りで残っていた500形なき今、江ノ電でも唯一の存在となった。

2007年に303Fが廃車されてからは、1000形以前の旧世代の車輌では最後の1編成となった。また江ノ電でツーハンドル式の運転台を持つのも本車が最後である。冷房車であり、性能も新型車に遜色なく共通運用で健闘している。

編成

藤沢 鎌倉
305F 305 355

主要データ(特記なき限り編成全体の値)

製造所 東横車輛碑文谷工場(改造)
制御方式 抵抗制御(現在は弱め界磁付)
駆動方式 吊掛式→中空軸平行カルダン式(1990年改造)
主電動機 48.5kw×4(吊掛時代)
50.0kw×4(カルダン化後)
歯車比 3.37(吊掛時代)
6.31(カルダン化後)
ブレーキ方式 電磁SME→電気指令式(HRD-1D)発電ブレーキ付(1998年改造)
車体構造 半鋼製
最大寸法
(長×幅×高)
24,100×2,500×3,910mm(冷改後)
※冷改前全高3,810mm
自重 37.8t(冷改前)→42.6t(冷改後)
※冷改後21.0t(305)/21.6t(355)
定員(座席) 150人(72人)
改造年 昭和35年
在籍数 1編成

備考的写真 クリックで拡大

 ディテール
2005.12 2010.12.23 2010.12.26 2010.12.26 2011.06.18 2012.02.28 2012.04.07
 いままで
1982 1985 1989? 199X 1999 2001.10.14 2002.09
2010.07.04 2010.06.13 2011.06.18

Nゲージ模型製品
Masterpiece
江ノ電305F 2000年仕様(2000年)  真鍮製キット(現在絶版)
手作り品を除けば恐らくNゲージ最初の300形。当時の実車の仕様に合わせた新性能、冷房付の姿とされた。動力込みのトータルキットで、別途購入品はパンタとカプラー程度。ハンダ付け組立が前提。ナンバーとEER標記は、この製品に限ってエッチング表現である。
江ノ電305F 原形タイプ(2002年)  真鍮製キット17,800円
304Fの「原形タイプ」と同じく、パンタ化後、前照灯1灯の1973〜1980年ごろの姿としたもの。現行仕様製品のバリエーション展開といえ、キットの構成も同様である。
MODEMO(ハセガワ←長谷川製作所)
江ノ島電鉄 300形「305F」"標準塗装"  プラ製完成品 M車10,290円/T車5,880円
最初はM車が304F(T車)とともに発売、2008年にT車が登場した。Masterpiece製品と同じく現行仕様として新性能、冷房付、密連とされている。床下機器は更新後のタイプ。M車は標記類がインレタ式だったが、T車は印刷済に改められ、細部標記が追加された。
江ノ島電鉄 300形「305F 1灯型」  プラ製完成品10,290円
同社の「304F 1灯型」やMasterpieceの「原形タイプ」と同じ1970年代の姿がプロトタイプ。ここでもほとんどの部分が新規製作だが、なぜか前面窓は共用部品のアルミサッシとなっている(実車は新性能化ごろまで木枠)。M車のみ。
江ノ島電鉄 300形「305F 2灯型」"青電塗装"  プラ製完成品10,290円
"標準塗装"製品をもとに、1995〜96年の「青電」塗色としたもの。塗装以外の仕様に変化はない。M車のみ。
その他
バンダイ「Bトレインショーティー」シリーズにおいて、305Fのショーティモデルが製品化されている。同製品は2002年の開業100周年の折、500形とともにレギュラーシリーズに先駆けて発売され、江ノ電のプラ量産品はGMの1500形・600形、MODEMOの100形・600形しかなかった当時、ショーティとはいえ300形のプラ成型品ということで話題を攫った。当初はグッズショップ限定だったが、のち一般模型店へも流通するようになった。

 ▲もどる